ストウブとホットクックはどちらがいいか比較してみた!

ストウブのブレイザーでグラタンを作るとそのままオーブンで焼けます

ストウブはとても強いお鍋です。なんとオーブンに入れることもできるんです。

卵と乳製品のアレルギーの息子がいるので、卵と乳製品は使わずに作ります。

この記事では、耐熱容器で作っていたグラタンをストウブのブレイザーで作ったことをまとめました。

目次

ブレイザーとは

今回使用したのはストウブの中の「ブレイザー」という種類の鍋です。

我が家にあるのはブレイザーの24cmです。

底が浅いので、炒めた後に煮込んだり、野菜をたっぷり蒸し焼きにしたりするのに重宝しています。

ブレイザーについてはこちらの記事にてさらに詳しく紹介しています。

グラタンの作り方

今回作ったのはかぼちゃグラタンです。

具材には、かぼちゃ、玉ねぎ、人参、ウインナー、ブロッコリー(仕上げに追加)を入れました。

まずは玉ねぎ、人参、ウインナーを炒め、かぼちゃを入れてさっと炒めます。

このあと酒を蓋をして少し蒸しました。蒸すことで、野菜の旨みを引き出します。

蒸している間にホワイトソースを作ります。豆乳とコンソメ、塩、小麦粉で作りました。

ダマにならないようにと激しく混ぜすぎて泡立ちがすごいですが…

ホワイトソースにとろみがついたらブレイザーに入れて混ぜます。前日に茹でておいたブロッコリーがあったので、入れました。

チーズ代わりにマヨネーズとノンエッグマヨをかけます。息子以外はアレルギーがないので、半分ずつにしました。

余熱したオーブンに入れて焼き色がつけば完成です。

グラタンの味は?

グラタンは普通に作ってもおいしいのですが、ストウブで作ると格別でした。

ストウブで炒めて蒸したので、野菜の味が濃厚。

家族4人であっという間になくなってしまいました。

このグラタンは2冊の料理本を参考に自分でアレンジして作りました。

「作っておけるごはん」のかぼちゃのグラタンで具材を参考に

「ストウブ&無水調理でおいしい!ふだんごはん」のマカロニグラタンでブレイザーでのグラタンの作り方を参考にしています。

ブレイザーでグラタンを作るメリット

ブレイザーでグラタンを作ってみて分かったメリットを順番に紹介します。

おいしい

具材をストウブで炒めたり、蒸したりすることで、素材のうまみが感じられるおいしい仕上がりになります。

特にかぼちゃがほっくりと甘みのある仕上がりでした。

ブレイザーだけでも作ることができる

今回は、別の鍋を使ってホワイトソースを作りましたが、野菜を炒めた後のブレイザーでホワイトソースを作ることもできます。

参考にした本のうち「ストウブ&無水調理でおいしい!ふだんごはん」のマカロニグラタンは具材を炒めたのちにブレイザーでホワイトソースを作るレシピです。

ブレイザーはそのままオーブンに入れられるので、洗い物が少なくて済みます。

かっぱまきこ

洗い物は少ないほうが嬉しいですよね。特に油ものは少ないほうが助かります。

次回は、ブレイザー1つでグラタン作りを行ってみようと思います。

デメリット

ブレイザーでグラタンを作るデメリットは、焦げ付いたブレイザーを洗うのがちょっと大変ということです。

今までは耐熱容器で作っていたので、焦げ付いた食器は食洗機に入れることができたのですが、ブレイザーで作ると手洗いしなければなりません。

焦げ付いてべっとり汚れたブレイザーを洗うのはなかなか大変…と思うかもしれませんが、水と重曹を入れて、ひと煮立ちさせることで焦げ付きもつるりと取れます。

まとめ

ストウブのブレイザーでグラタンを作ってみました。

ブレイザーでのグラタン作り
  • 素材の旨みが引き出されておいしい
  • そのままオーブンに入れられるので便利

次はホワイトソースもブレイザーで作って、ブレイザーだけでグラタンを完成させたいです。

ブレイザーは一台あると本当に便利です

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次