ストウブとホットクックはどちらがいいか比較してみた!

ホームベーカリーがあればストウブでふわふわちぎりパンが簡単に

我が家はパンが大好きです。家でのんびりする休みの日は、お昼ご飯にむけてパンを焼くことがよくあります。

息子には卵と乳製品のアレルギーがあるのですが、家で焼くパンなら安心して食べることができます。

この記事ではホームベーカリーで捏ねて、ストウブで焼きあげるふわふわちぎりパンについて記載しています。

目次

使用した道具

  • ホームベーカリー
  • ストウブ20cm
  • オーブン(40℃での発酵機能も使いました)

使ったストウブは使いやすい大きさで1台目におすすめな20cmです。

ストウブの20cmについてはこちらの記事に書いています。

生地作りはホームベーカリーにお任せ

パンの生地を一から捏ねて作るのはなかなか大変です。しかし、ホームベーカリーがあれば生地作りを全てお願いすることができます。我が家は昔の機種ですが、Panasonicのホームベーカリーを使用しています。

材料を入れてスタートすると、1時間で生地を捏ねて一次発酵までを済ませてくれます。

粉の配合についてはクックパッドにて調べたレシピを参考にしました。

生地を取り出して休ませる

ホームベーカリーから生地を取り出して、丸くひとまとめにして休ませます。

10分ほどしたら生地を6等分して、オーブンシートを敷いたストウブに入れます。

オーブンで40度で40分。二次発酵させます。

二次発酵が終わると、こんなにふくらみました。

(発酵前の写真がなく、申し訳ありません。次に焼いた時に追加、差し替えます。)

オーブンで焼く

ストウブでパンを焼く場合は、2回に分けて焼きます。

  1. ストウブの蓋をして焼く
  2. ストウブの蓋を外して焼く

の2工程です。

180℃に余熱したオーブンでまずは蓋をして15分。

蓋を外して10分焼くと、できあがりです。

かっぱまきこ

ストウブは重く、オーブンで焼いたストウブは熱いので、蓋を外す時や取り出す時は十分に気を付けてください。

おいしそうに焼きあがりました

できあがったふわふわのパンはこちらです。

取り出して冷まします。

ちぎってみました。ふわふわに焼きあがっています。

ふわふわでパンのうまみや甘みが強くておいしい!

ストウブはパンのうまみも引き出してくれます。

家族4人であっという間になくなりました。4人だと足りないと思い、生地を作ってくれたホームベーカリーで食パンを焼いておいたので良かった。

終わりに

ホームベーカリーとストウブを使って焼き上げるちぎりパンについて紹介しました。

ホームベーカリーとストウブで焼くちぎりパン

簡単なのに驚くほどふわふわでおいしいので、おすすめ

使った道具はこちら。

ホームベーカリー(我が家は旧型ですが)

ストウブは20cm。

ストウブでは捏ねないで作るパンも焼くことができます。

焼く前日の夜に材料を混ぜて一晩おいておき、次の日に焼き上げる外はパリッと中はもちっとしたパンです。

このパンについても、焼いた時に紹介出来たらと思っています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる