ストウブとホットクックはどちらがいいか比較してみた!

【ストウブの大きさの選び方】どうやって選ぶべきかを分かりやすく解説

ストウブの選び方、大きさについて

ストウブ鍋を買おうと思った時に、まず決めるのが大きさと形

この記事では、ストウブの大きさ選びのポイントについてまとめました。

かっぱまきこ

我が家のストウブは合計8つ!
大きさ別の使用感も紹介しています

ストウブの形については下の記事で詳しく語っていますので、よければご覧ください。

この記事がおすすめな人は?
  • ストウブを初めて買おうとしている人
  • ストウブの大きさで迷っている人
  • 実際の使用感を知りたい人
ストウブは用途に合った大きさが大切

ここでひとつ、サイズ選びの前にお伝えしたい、重要なことがあります。

それはストウブに関しては「大は小を兼ねない!」ということ。

作りたい量に合った大きさのストウブを使うことが大切です。

なぜ「大は小を兼ねない」のか、その理由は3つあります。

理由1:大きすぎる鍋だと、調理に時間がかかる

ストウブは厚みのある鋳物ホーロー鍋なので、保温性、蓄熱性に大変優れています。

かっぱまきこ

わかりやすく言うと、熱しにくく、冷めにくいのです

だからこそ食材にじっくり火が通り美味しくなるのですが、裏を返せば火が通るまで時間がかかる!

大きすぎる鍋では、調理に時間がかかる上に、余分な光熱費までかかっていく…

これでは日常使いなんて、したくなくなります

かっぱまきこ

24cmラウンドでちょっとした副菜を作ろうとは、まず思いません

理由2:大きすぎる鍋は、アロマレインの効率も悪い

さらにストウブの魅力であるアロマレイン(食材の旨味を含む水分が、鍋内で循環すること)も、大きすぎる鍋では効率が下がります。

かっぱまきこ

イメージとしては、スチームサウナが近いでしょうか

実際、オーバーサイズのラウンドで料理すると、蓋につく水滴が少なく、焦げてしまったこともありました。

理由3:大きいサイズは重くて洗いにくい

さらにストウブのデメリットは重いこと。

重さだけではなく、大きさも洗やすさに影響することが、ブレイザーと24cmラウンドの比較でわかりました。

ジャストサイズの鍋で作った方が、間違いなくおいしく仕上がります。

だから、いろいろな大きさのストウブがどんどん増えていくのです。

かっぱまきこ

我が家は合計8つになり、夫にこれ以上買うなと止められています(笑)

そのため1つのストウブを何にでも使おうとするのではなく、用途に合わせた最適なストウブを買うことが大切なのです。

それでは、ストウブの大きさを考えるのに役立つ視点を順番に紹介します。

目次

ストウブで何を作りたい?

ストウブの大きさを考えるポイントその1は、ストウブで何を作りたいのかということ。

  • メイン料理
  • 副菜
  • ご飯を炊く

この分け方で分類すると、ストウブの大きさ選びが簡単にできます。

メイン料理を作るには

煮込み料理、肉料理、煮物などとメイン料理を作るには、しっかり容量の入るストウブが必要です。

おすすめはラウンド20cm

副菜を作るには

野菜をちょっと蒸す、簡単な副菜を作るという場合には、適度な大きさのストウブがぴったり。

おすすめはラウンド16cm

ご飯を炊くには

もちろんラウンドでもご飯を炊くことができますが、ご飯専用のストウブで炊く方がおいしいです。

ご飯専用ストウブのラ ココット DE GOHANがおすすめ

1合、2合、3合の3種類の大きさがあるので、食べる量に合わせて選んでください。

メイン、副菜ともにラウンドを紹介しているのですが、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

料理を食べる人数は?

次にストウブの大きさを考えるポイントその2は、料理を食べる人数です。

一人暮らしの場合は、メイン料理を作る時に20cmだとやや多いので、一回り小さい18cmがおすすめです。

かっぱまきこ

一人暮らしで18cmを1つ持っていると、メインにもサブにも使えて便利だと思います。

2人暮らしの場合だと、食べきりの量を作るのにぴったりかやや足りない位かと思います。

大人2人、未就学児2人の4人家族の我が家では、20cmが大活躍しています。

肉じゃがを作ったり、煮込み料理を作ったりするのに大活躍。

一食で食べきるにはちょっと多い位の量ができあがります。

副菜を作るには20cmは大きいので、16cmまたは18cmで作ります。

かっぱまきこ

16cmと18cmの使い分けは、具の量が多いかどうかで考えています。

一度に作る量は?

ストウブの大きさ選びのポイントその3は、料理を一度にどれくらい作るかということです。

前述しましたが、4人家族の我が家で20cmで肉じゃがを作ると、

1食ではやや多いけど、2食分はないかなぁという位の量ができあがります。

2食分や3食分を一気に作りたいという場合は、20cmよりも大きなストウブが必要になってきます。

22cmまたは24cmが視野に入ってくると思います。

たくさんの量を作りたいという目的がない限りは、22cmの購入はおすすめしません。

我が家では22cmを持っていませんが、メインは20cm、たっぷり作るならブレイザーとなくても十分対応できるのです。

ちょっと大きくて中途半端な22cmを購入する時は、本当に必要かどうかを考えたうえでの購入をおすすめします。

ブレイザーのすすめ

大きいサイズのストウブを検討している人におすすめなのが、万能に活躍するブレイザー24cm。

我が家では24cmサイズはブレイザーとラウンドを持っていますが、活躍しているのはブレイザー。

  • 野菜を何種類も蒸す
  • 玉ねぎステーキを作る
  • すき焼き
  • 煮込みハンバーグ
  • チキンピラフ
  • グラタン

などと、大物使いに重宝しています。

そのためラウンド24㎝はめったに使いません…冬の鍋で年に数回の登場。

24cmのラウンドは、公式サイトによると4.6kgの重さ。

使い終わった後に手洗いする時にとっても重い。重いので、あまり使われずに棚で眠っています。

かっぱまきこ

ブレイザーは4.2kg
400gの差ですが、形状の違いもあるためか、ブレイザーはそこまで重く感じません。

ブレイザーに関しては、こちらの記事を参考ください。

子どもの成長につれてストウブも見直しを

我が家の子どもは未就学児2人。だんだん大きくなるにつれて、食べる量も増えてきました。

これが、小学校、中学校と進むともっともっと食べるようになります。

ストウブの大きさも、子どもの成長とともに見直していく必要がありそうです。
特に、炊飯器の故障をきっかけに、炊飯器なし生活をしているので、ラ ココット DE GOHANのLサイズが欲しいなぁと密かに思っています。

かっぱまきこ

今は3合以上を炊く時は、20cmで炊くのですが、やっぱりご飯専用で炊くのが一番おいしいんですよね。

まとめ

この記事では、ストウブの大きさを選ぶ時のポイントについてまとめてきました。

いろいろな視点で大きさ選びを見てきましたが、それは

ストウブはハレの日の鍋ではなく普段使いしてほしいお鍋だから

とっておきのお鍋にしておくには、もったいない。

日常使いにもハレの日にもぴったりな素敵なお鍋、それがストウブの良さです。

かっぱまきこ

ぴったりの大きさを選んで、ストウブ毎日使ってくださいね。

ラウンドとオーバルの選び方については、こちらをどうぞ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる